【vol.42】5年後の生存率60%を宣告されてから13年目。うんコーディネーターの中西美奈子さん

5年後の生存率60%を宣告されてから13年目。うんコーディネーターの中西美奈子さん

子宮がんを患い、5年後の生存率60%を宣告されてから13年。
がんの原因を徹底的に調べ、「笑ってがんを治そう」と決意。
今回のゆめたまごでは、うんコーディネーターとして【ぷり便力】プログラムを主宰する中西美奈子さんを取材しました。

Yume Tamago vol.42
うんコーディネーター【ぷり便力】プログラム主宰
中西美奈子さん

どんな働き方をしていますか?

夫と子ども二人(18歳と10歳)の4人家族。
鍼灸師で鍼灸院を営む夫の手伝いをしながら【ぷり便力】を世に広める活動中。

◆子宮がんを患い、5年後生存率60%と言われた

病気に悩み嘆き、鬱にもなり、自分の人生の終わりを感じた時に
「お前はがんじゃない!お前の病気は俺が治す」
と言ってくれた主人の言葉に目が覚め全ての治療を拒否。

5年後の生存率60%を宣告されてから13年目。
その結果子どもにも恵まれました。

中西美奈子さん、あなたはどんな人ですか?

自己紹介


採りたてインタビュー

なぜ、この仕事を始めたのですか?

◆子宮がんを患い、5年後生存率60%と言われた経験

その時に提案されたのが、
子宮摘出、抗がん剤、ホルモン剤、放射線治療のがんのフルコースでした。

病気に悩み嘆き、鬱にもなり、自分の人生の終わりを感じた時に
「お前はがんじゃない!お前の病気は俺が治す」
と言ってくれた主人の言葉に目が覚め
全ての治療を拒否。

なぜ自分ががんになったのか?
がんの原因を徹底的に調べ、その原因をマイナスしていき、

がんを死滅させてくれるNK細胞は笑うと活性化することを知り
「笑ってがんを治そう」と決意

その結果子どもにも恵まれ、5年後生存率60%を宣告されてから13年目。
その経験から「マイナス」することの大切さをたくさんの方へ伝えています。

中西美奈子さんのブログ

どのような活動をされているのですか?

うんコーディネーターとして【ぷり便力】プログラムを主宰

【ぷり便力】向上プログラムは便秘を改善するためのプログラムではなく、ぷり便(ぷりっと質の良いうんこ)を出すことで、カラダの機能が調い、カラダを元の状態に戻そうとすると「自己治癒力」を向上させます。

ぷり便(質の良いうんこ)を出すためには自律神経のバランスを調える事が大切です。

ぷり便を出すためには
「姿勢を調える」「呼吸を調える」「腸内環境を調える」ことが大切。

食だけではなく「整体」もプログラム内に組み込み、5名のカラダのプロフェッショナル(鍼灸師、整体師、スポーツアロマトレーナーなど)にもご協力いただき、内側と外側のからアプローチしてカラダを調えます。

「味噌造り」
みんなで一緒に造って、それぞれの家に持ち帰り、それぞれの家の常在菌で約一年醸します。出来上がったらみんなで少しずつ持ち寄り、全部混ぜていろんな菌の入ったお味噌を仕上げます。

昔は味噌は各家で手作り。
病人が出たら近所中の味噌を混ぜて、それを病人に飲ませます。

そんな特別な味噌を、体調悪い時に飲みます。

実は83キロの元デブ。湯船にハマって出られなくなったこともあります。
でもいろんなことを「マイナス」していき気がつけば35キロの脂肪をマイナスしていました!

その仕事はどのようにするんですか?

◆うんコーディネーターとして【ぷり便力】プログラムとは?

うんコーディネーターの「うん」は「運」「雲」「産」のどれでもなく「うんこ」の「うん」!
人はカラダに良い事をしようとすると、まず「プラス」する事を考えがちです。

たとえば。。。
便秘を解消しようとしたら
・乳酸菌
・食物繊維
・サプリメント
などなどを摂取しようとします。

でも、まずは「マイナス」

なぜ便秘になったのか?

を考えて、その原因を「マイナス」しないと根本改善にはなりません。

その究極の「マイナス」が
【うんこを出すこと】

体内毒素の75%はうんこで排出されるため、しっかり出して内側からキレイなカラダをつくります。

あなたの今後の夢と目標は何ですか?

「ぷり便」をたくさんの人に知ってほしい

小学校で「うんこ」の授業

【ぷり便力】を誰かに伝えたい!紹介したい!と思ってもらえるようなものにする。人になる!

家族みんなで沖縄旅行

夫婦二人でしっぽり旅

鍼灸院の引越し

まとめ/取材の感想

最初、肩書きを「うんコーディネーター」と聞いた時は、
また、面白い人がやってきたな!くらいの感覚で掲載OKしましたが、

取材をさせていただいて、びっくり。
カラダのプロフェッショナル(鍼灸師、整体師、スポーツアロマトレーナー)協力のもと作られた
本物のプログラムではないですか!!
大変失礼しました。。

女性で「便秘」に悩む方非常に多いですよね!
私も実は、、、という話は長くなるので割愛しますが!(●´ω`●)

ぷり便(ぷりっと質の良いうんこ)を出すことで、
カラダの機能が調い、カラダを元の状態に戻そうとする「自己治癒力」の向上!素晴らしいです!

これを読んでくださってる方には、
5年後生存率が60%って宣告されること、どれだけの恐怖が伝わっているでしょうか。

家族がいるからこその恐怖。

13年の月日がとても尊いものに感じました!
これからも末長く、家族幸せに過ごしてくださいませ!


パソコン用の画像

関連記事

  1. 地元愛媛でアナウンサーをしながら日本国内や海外のワイナリーを巡る!重橋秀香さん

  2. 都内でSEOライター!副業×資産形成アドバイザーの水野谷奈那さん

  3. 学業(栄養士専門学校)+個人事業主/コミュニティ代表理事も務める 望月祐佳さん

  4. 神戸市/編まない縫わないマフラー「Moflee®」生みの親!植村千夏さん

  5. 恵比寿在住/ ママWebデザイナー の吉野美涼さん

  6. キラリボーン【のべ14,400人】サロンオーナーの井上晶子さん

  7. ダブルワーク達成!/予約の取れない古瀬彩加カメラマン

  8. 酒蔵ナビゲータ&フリーアナウンサーとして活躍!山口智子さん

  9. 新潟と東京の2拠点で活動!タモリ倶楽部やジョブチューンに出演の斉藤ひかりさん